ホーム > HRニュース > 中国HRニュース> 3月16日---初心を忘れず、智恵を日系企業に導く「2018年中智日企倶楽部・智櫻会新春賀詞交歓会」開催のご報告(2018年3月16日)

3月16日---初心を忘れず、智恵を日系企業に導く「2018年中智日企倶楽部・智櫻会新春賀詞交歓会」開催のご報告(2018年3月16日)

 3月16日、中智上海経済技術合作有限公司は花園飯店(ガーデンホテル)にて「2018年中智日企倶楽部・智櫻会新春賀詞交歓会」を開催しました。在上海日本国総領事館、日本貿易振興機構上海事務所、上海日本商工倶楽部、留日同学会の各代表、及びキヤノン、富士フイルム、三菱電機機電、エーザイ、新日鉄住金軟件、ダイキンなど在中日系企業の経営者、人事部長230余名の皆様が一同に集い、「初心を忘れず、智恵を日系企業に導く」をテーマとした新春賀詞交歓会へご出席いただきました。


 新春会では中智上海経済技術合作有限公司日本企業倶楽部・智櫻会馮串紅部長が司会を務め、開会宣言を行いました。


 開会に先立ち、中智上海経済技術合作有限公司の単為民総経理が、主催者を代表して来賓に向け祝辞を述べました。単為民総経理は祝辞において、中日貿易経済のマクロデータを示し地域経済の一体化における両国の協力関係について、中日の経済界が両国の関係に積極的な作用をもたらしていると高く評価しました。また単為民総経理は、来賓の皆様に対し、中智公司が国有企業から国有独資企業へと変革を遂げた現況や、上海市外国企業青年人材協会への人材推薦、「金融人材指数プロジェクト」で果たした役割などについて紹介していました。

 中智公司はその設立以降、一貫して日系企業を重要な顧客と位置づけています。サービス向上の一環として、中智日本企業倶楽部では、毎年会員企業に関連する調査を行っており、本新春会において単為民総経理は一部の調査結果を来賓の皆様へ発表しました。2018年の中智日企倶楽部・智櫻会はこれまで以上に、広がり続ける会員企業の皆様へ最先端の専門的サービスを提供して参ります。


 これに引き続き、在上海日本国総領事館片山和之総領事に、来賓を代表して熱意溢れる祝辞を述べて頂きました。祝辞では、片山総領事より、「中智上海公司は中国人的資源業を代表する国有企業として、長期に渡り中国の国営企業、民間企業、日系企業、欧米企業へ高水準の人的資源サービスを提供し、高い評価を受けています。中でも中智日企倶楽部・智櫻会は一つの国の企業をサポートする枠組としては唯一の存在です。ここに、中智日企倶楽部・智櫻会の日系企業に対する変わらぬ強い支援に心から感謝申し上げます。」との言葉を頂きました。


 
  中智智櫻会会員企業を代表して、キヤノン(中国)有限公司の森川剛志副総裁に北京本部よりお越しいただき、新春会に向けご祝辞を頂戴しました。森川副総裁からは、七年半に及ぶ中国勤務での貴重なご経験を来賓の皆様に共有して頂きました。知的素養としてのIQ(知能指数)、相手への心遣いに長けたEQ(心の知能指数)等に加え、仕事に対する責任感やこだわりを表すGQ(グローバル指数)、AQ(逆境指数)の「4Q」、ローリングストーンズプロジェクト、会社と人材がとともに成長し続けること等いくつかの点について、キヤノン公司の人材戦略における成功経験を詳しく紹介して頂きました。「You Grow,We Grow!」森川副総裁のお話しに、来賓の皆様から大きな拍手が沸き起こりました。   


 
祝辞の後、中智上海経済技術合作有限公司滕政副総経理より乾杯の発声を行いました。滕政副総経理は、「この二十数年間、中日関係がどんな風雨にあっても、中智の日系企業向けサービスの情熱が変わらずそこにありました。この日系企業新春賀詞交歓会を開催して6年目になりますが、日系企業の皆様との関係は、私たちにとって更に貴重で誠心誠意護る価値のあるものとなっています」と述べた上で、あらゆる壁を乗り越え、在中日系企業の事業が発展するように、在中国日本人ビジネスマンが楽しく暮らせるように日系企業で働く日中両従業員とその家族の健康と幸せを祈り、そして、本日の新春賀詞交歓会の成功を祈念し、乾杯の発声を行いました。滕政副総経理の熱のこもった挨拶の中、新春賀詞交歓会は正式にスタートしました。





 2時間に及ぶ新春賀詞交歓会は、来賓の方々は各々に名刺を交換し、新春を祝い、企業の成長における人的資源の課題などについて語り合い、非常に和やかな雰囲気の中、閉会の時を迎えました。   

 2018年の新春早々、私たちはともに日中平和条約締結40周年を迎えることができました。私たちは、日中平和条約の精神をかみしめつつ、中国で成長を続ける日系企業の更なる飛躍を願わずにはいられません。   

 2018年は「変化の年」です。中日関係、投資環境、産業構造、雇用関係、全てが変わっていきます。本格的な国際化、現地化の流れにあって、中智日企倶楽部・智櫻会は今年も引き続き、在中日系企業の皆様へ高品質な人的資源サービスと、ハイエンドな交流の機会を提供して参ります。初心を忘れず、智恵を日系企業に導く。中智の日系企業事業は「心」と「智恵」をもって、2018年の新たな道のりを歩み始めます。