ホーム > HRニュース > 中国HRニュース> 中智日企倶楽部、会員企業はVOITHを見学(2018年04月02日)

中智日企倶楽部、会員企業はVOITHを見学(2017年04月02日)

 3月30日、中智日企倶楽部は会員企業と共に人力資源智享会&中智ForHR が主催した企業見学に参加しました。世界有名大手企業であるVOITHの見学に訪れ、VOITHの組織変革と人的資源管理を実感した上、人材管理と組織発展はVOITHの核心戦略と分かりました。

 本見学に参加した企業は永旺特慧優国際貿易(上海)有限公司、桜華国際貿易(上海)有限公司、上海美津濃有限公司及び那電久寿機器(上海)有限公司の人事管理者になります。

 まずは、VOITHの朱総経理から会社歴史を紹介しました。朱総経理は「人材募集の核心はその社員の価値観と会社の価値観は一致しているかどうか。また、その本人の品質は一番重視される」と主張しました。

 続いては、VOITHの最新駆動Lotus工場へ見学、整理整頓された工場環境は企業会員に大きく印象を残りました。

  

会員企業工場見学

 Lotus工場見学後、VOITH人力資源の呉副総裁から転型歴に渡る三つの柱に関して話しました。「人事の仕事は社内を先頭に立つことではなく、チームワークの共同進歩は望みである」。また、それに踏まえ自社HRの具体的な業務内容に関しても詳しく語りました。

  

VOITH業務部からの紹介

 そして、人力資源陳総経理もVOITHの人材理念について語りました:会社は技術を依頼することで、市場競争し、人材は技術を開発する先に大事な資源である。組織や管理層を整えるには、高水準なHR管理経験は欠かせないものである。

  

日企倶楽部 会員企業

 会議後は、永旺特慧優国際貿易(上海)有限公司の人事本部長孫凌燕氏は今回の訪問企業一同を代表し、VOITHに「人力資源標幹企業賞」を授賞しました。

  

孫本部長VOITHに授賞

 孫本部長は今回の見学に対して、簡単なまとめを行いました。「日系企業の管理方法は欧米企業と比べると、また一定の差があります。正し、日系企業に適応できる観点は社内状況の次第より政策を作ることができます。」それと共に、孫本部長は今後の日系企業の発展状況にも自信を表した。

  

永旺特慧優国際贸易(上海)有限公司
孫凌燕 本部長

 独自創業の時代は終わり、企業への見学・共同交流はこれから会員の新課題になるでしょう。中智日企倶楽部は皆様へ良質なサービスを提供すべく、引き続き邁進して参ります。

  

記念写真